2019年07月30日

【国内/外国人】日本人よりも増加!? 外国人高齢者の老後をどう支えるか[ R1/7/29]

ルポ 外国人労働?見過ごされてきた14万人の低賃金労働者週刊東洋経済eビジネス新書No.78【電子書籍】
価格: 216円 レビュー評価:0 レビュー数:0
 「移民は受け入れたくないが、安い労働力は欲しい」という日本。自国にとって都合のいい方法で、安価な労働力を手に入れてきた。それが「外国人技能実習生」だ。<br> 「開発途上国への技能移転」を名目に始まったこの制度、実際は時給650?700円程度の法定最低賃金で単純労働をさせているのがほとんどだ。<br> 単純労働での外国人受け入れを国策として認めてこなかった日本で、技能実習制度はその受け皿となってきた。制度のひずみに目をつぶったまま、拡大に向けた議論が進む。<br><br> 本誌は『週刊東洋経済』2014年8月2日号第2特集の10ページ分を抜粋して電子化したものです。<br><br>●●目次●
Supported by 楽天ウェブサービス

1 名前:■忍【LV17,シャドー,PJ】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb[] 投稿日:19/07/29(月)12:20:07 ID:kwj

これまでNHKでは、全国各地で外国人の人口が急増する中で、外国人の子どもが増えている現状やその
課題を取材してきました。(詳しくは特設サイト「外国人“依存”ニッポン」で https://www.nhk.or.jp/d-navi/izon/)

リンクはこちら
その中で浮かんだ新たな疑問が。「増えているのは子どもたちだけ?」

そこで統計データを独自に分析すると意外な数字が浮かび上がってきました。
実は今、外国人の高齢者が
すべての都道府県で増えているのです。

さらに詳しく分析すると、もともとの人数が違うので単純には比較できませんが、外国人高齢者は日本人よりも
高い伸び率で増えていたのです。

なぜ外国人の高齢者が増えているのか、そして各地で何が起きているのでしょうか。(ネットワーク報道部記者 伊賀亮人)
全都道府県で急増
疑問をもとに分析したのは、総務省がまとめている住民基本台帳のデータです。
この統計によると、全国に住む外国人
のうち65歳以上の高齢者はことし1月時点で約17万1000人で、外国人人口の6%程度にあたります。
これを5年前、2014年1月と比較すると、
外国人の高齢者は24%増加しています。

より細かく見てみると、すべての都道府県で増加しています。さらにこのうち43の都道府県では15%以上、
さらに21の都・道・県では30%以上と急増しているのです。

実は日本人よりも高い増加率
次に高齢化が急速に進んでいる日本人とも比較してみました。
まず、日本人の高齢者は約3501万
4000人と全年代の28%を占め、外国人とは比較にならないほど、高齢化が進んでいます。

ただ、これを5年間の増加率にして日本人と外国人とで比較してみるとー。
まず、外国人の24%という増加率は、
日本人の10%よりも13ポイント余り上回っていて、高い増加率となっています。

さらに都道府県別に比較してみても、すべての都道府県で外国人のほうが増加率が高くなっているのです。

(以下略)


NHK/7月26日
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190726/k10012001261000.html

◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 97◆◆ !max700
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1563935000/
−−−−−−−−
!jien【お知らせ】
*コピペなどの荒らしが現れましたら、
通報協力(左上のボタンから、「運営アク禁」お願いの
書き込み)をお願い致します。
−−−−−−−−
2 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:19/07/29(月)12:41:30 ID:TS.uz.L27
NHK記事では長年日本にいた外国人について報道してた
でも、実際は3か月ほど日本にいれば介護を受けられるんだって
それもちらっと1行書いてあった

>外国人であっても3か月より長く日本に住んでいれば介護サービスを受けられる資格があります。

これが一番の問題
健康保険の次は介護保険
3 名前:■忍【LV6,ラゴンヌ,P6】[age] 投稿日:19/07/29(月)12:45:51 ID:RQ.qx.L6
帰ってもらうのが一番
4 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:19/07/29(月)12:50:37 ID:l2.w2.L1
なんで支える前提なんだ糞HK

まず国籍別でデータ出せよ
5 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:19/07/29(月)12:54:06 ID:P8.ib.L2
そいつの国に支払わせろ
そうでないなら強制送還
それ以外の対応は税金泥棒
6 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:19/07/29(月)12:56:41 ID:Lb.96.L9
引き込んだ企業に費用負担させればいい
7 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:19/07/29(月)13:05:11 ID:YW.lo.L7
帰国すればいいだけ
居座りを許すな
8 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:19/07/29(月)13:11:14 ID:Lb.96.L9
不法滞在の外国人なら入管に通報すると謝礼金がもらえるんだったなたしか
9 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:19/07/29(月)13:38:51 ID:de.bj.L11
少子高齢化対策で外国人を輸入しようとしてる奴は外国人も年を取る事を忘れてるか見ないふりするか分かってて黙ってる奴
10 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:19/07/29(月)13:52:38 ID:HG.ki.L1
支える必要無くね?
11 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:19/07/29(月)14:16:46 ID:QO.6d.L12
セーフティーネットのタダ乗りはいかんよ。
12 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:19/07/29(月)15:50:11 ID:ww.96.L1
すまないが母国で余生を送ってくれ
これ以上害国人の面倒は見切れん
13 名前:■忍【LV8,デスジャッカル,JP】ななしの国からこんにちわ◆ePSYFR8jBw[] 投稿日:19/07/29(月)16:08:11 ID:7D.w2.L8
強制送還しろ
14 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:19/07/29(月)16:35:50 ID:5c.qx.L12
バブルのツケとは…。
15 名前:■忍【LV1,キラーアーマー,RD】[] 投稿日:19/07/29(月)16:36:59 ID:ZB.ko.L1
まあ日系人なら仕方ないけど

明治政府の不手際もあったし
20 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:19/07/29(月)18:50:18 ID:yF.ib.L1
外国人て基本的に税金にたかりたがるだろ
そういう連中ばっかり引きこんでる組織があるのかも知れないけど
日本の税金に集らすなよ

>>15
日系人という成りすましもいるしそこはきちんとDNA検査でもしてもらわないと
16 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:19/07/29(月)16:58:28 ID:GB.bj.L1
ただでさえ、日本人だけでも高齢者医療費や介護費で大変なのになんで外国人にまで税金を使うねん!で、結局日本人は生活保護を受けられず餓死とかあり得んだろ?
19 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:19/07/29(月)17:31:00 ID:5c.qx.L12
>>16
おにぎり食べたい…
22 名前:■忍【LV6,とうぞく,OE】[sage] 投稿日:19/07/29(月)19:21:41 ID:jR.w2.L6
>>16
しわ寄せを受ける日本人にばかり泣き寝入りを強いる現状は本当に憤懣やる方ないよね
17 名前:■忍【LV6,ラゴンヌ,P6】[age] 投稿日:19/07/29(月)17:23:06 ID:RQ.qx.L6
普通は他国で余生を送ろうとすると、
最低でも数百万円の保証金をその国の銀行口座に積んで
母国で充分な収入を得ていることが条件になると思ってた
18 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:19/07/29(月)17:28:50 ID:NL.uz.L1
多分、外国人高齢者は、年金納めてなくて、生活保護だと思う。
年金より金額が多く、税金も納めなくてよくて、医療費も無料。
日本人は外国人を養うために餓死するしかないな。
21 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:19/07/29(月)19:04:06 ID:aD.tf.L9
帰化していない外国籍は、自分の母国に保護等の申請すりゃ良いわけで
日本は一切関係無いんじゃないか?
際限ない「無限救済論」なんぞ主張してるのは、一体どこの馬鹿者だ?
てめえの個人資産で勝手にやってろとか思うが。
23 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:19/07/29(月)21:34:34 ID:bV.ki.L1
外国人は生活できなくなったら帰国すればいいじゃん


元スレ:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1564370407/
posted by newspro at 13:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログパーツ