2019年06月23日

【皇室】悠仁さまが秋篠宮家の「家庭教師」半藤一利に問うた難しい質問[R1/6/23]

NHKスペシャル ドキュメント太平洋戦争 DVD BOX [ 山本肇 ]
価格: 9,863円 レビュー評価:0.0 レビュー数:0
山本肇エヌエイチケイスペシャル ドキュメントタイヘイヨウセンソウ ディーブイディー ボックス 発売日:2018年07月27日 予約締切日:2018年07月23日 (株)NHKエンタープライズ NSDXー23203 JAN:4988066225949 【シリーズ解説】 太平洋戦争で、日本はなぜ敗れたのかーー/「海上輸送」「科学技術」「戦略決定の過程」など六つの側面から敗因を分析、貴重な記録映像を交えつつ太平洋戦争を検証するドキュメンタリー スタンダード カラー/モノクロ 日本語(オリジナル言語) ドルビーデジタルステレオ(オリジナル音声方式) 日本 1992年 NHK SPECIAL DOCUM
Supported by 楽天ウェブサービス

1 名前:■忍【LV13,シャドー,PJ】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb[] 投稿日:19/06/23(日)10:07:50 ID:???

半藤一利スペシャルインタビュー
2019年06月21日

「昨年、当時の天皇陛下の侍従から、『秋篠宮悠仁(ひさひと)殿下に、太平洋戦争はなぜ起こった
のかを、わかりやすく話してください』という依頼があった。ですが、私は最初断ったんです。
だって相手は小学校6年生の坊やですよ。
そんな幼い子に単純明快に話せるようなことじゃない、無理です、と。だけど何度もお願いされて、
じゃあさわりだけでも話しましょう、と出かけていったのが、8月15日でした」

秋篠宮悠仁親王は、まさに次代の天皇家を背負って立つ。その進講役として白羽の矢が立ったのが、
昭和史研究家でもある作家・半藤一利氏(89)だ。秋篠宮家の”家庭教師”になったのが「終戦記念日」
だったのは、偶然ではないのだろう。平成から令和へと新時代を迎えた今、半藤氏がその日のこと
を本誌に明かした。

「最初に秋篠宮父子にお会いしたときに言ったんです。私は東京下町生まれなものですから、
“ひ”と”し”が上手く発音できません。だから悠仁っていう御名前はすごく言いづらい。『しさしと』に
なっちゃうんで、今日は殿下、と呼ばせていただきます、ってね。

持ち時間は2時間半だったんだけど、太平洋戦争についてさわりの部分で1時間話しました。

私が話したことのひとつは、私たちの国は、”内陸に乏しい”ということです。北の北海道から
南の沖縄まで、長〜い海岸線を持っていて、海岸線の長さだけで言えば、日本は世界で6番目に長い。
ところが真ん中に山脈が通っているから、生活できる土地は少なく、国民は海岸にへばりついて
生きなければなりません。
そして、こんな海岸線を守ろうとしたら何百万もの兵隊が必要になります。
要するに、この国は、戦争になったら守れっこないんですよ。さらに現在は、原発が海岸線沿い
にずらっと並んでいる。ますます守れないじゃないですか。こんな日本が戦争をしていいわけがない。
これが本当のリアリズムであり、地政学というんです。

こう話したら、同席していた父の秋篠宮が、幼い殿下に『地政学』とはこう書くんだよ、
と紙に書いて教えてあげていましたね」

休憩時間になり、紀子妃が淹(い)れてくれたお茶を飲みながら半藤氏が「質問がありますか?」と
聞くと、悠仁さまは手を挙げて「アメリカはなぜ広島と長崎に原爆を落としたんでしょうか?」と質問した。
「質問を受けて、これはなかなか難しいぞ、と思いながらも丁寧に答えましたよ。細かいことは
忘れてしまいましたが。
あの戦争は片一方だけが悪いんじゃない、向こう(アメリカ)も悪いんだという説が当節盛んです。
ですが、少なくとも戦争の状況に持って行くまでは、日本の責任が大きいと私は考えています」

父・秋篠宮からも質問が
悠仁さまへの説明を終えた時、今度は父の秋篠宮が「私からも、質問をいいでしょうか?」と切り出した。

「彼は私の著書を読んでいて、統帥権(とうすいけん)について、もう少し詳しく教えてください、と言われたんです。

(以下略)

https://friday.kodansha.co.jp/article/53220
2 名前:第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb[] 投稿日:19/06/23(日)10:08:21 ID:RXi
>>1
−−−−−−−−
!jien【お知らせ】
*最悪板のコピペなどの荒らしが現れましたら、
通報協力(左上のボタンから、「運営アク禁」お願いの
書き込み)をお願い致します。
−−−−−−−−
3 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:19/06/23(日)10:10:34 ID:zhF
これ別に継続的におしえにいってるわけではないよね?
WW”のときの解説をたまたまこのひとにお願いしたけど、
他にもお願いしていろんな立場の話しを聞いてるはずです。
4 名前:第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb[] 投稿日:19/06/23(日)10:13:47 ID:RXi
この家庭教師バカすぎる。

キーワードは「白人によるアジアへの侵略(植民地)政策」
ではないか
そして、ハルノートという最後通牒により日本を追い詰めた
結果、戦争になった。
5 名前:第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb[] 投稿日:19/06/23(日)10:15:03 ID:RXi
ヘレンミアーズの本「アメリカの鏡 日本」
を掻い摘んで、教えてほしい。
6 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:19/06/23(日)10:16:33 ID:rgx
なぜ起こったのか聞いてるのに答えてねーじゃねーか
7 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:19/06/23(日)10:17:07 ID:Nc9
大東亜戦争(太平洋戦争)の原因を一言で言えば
【コミンテルンの工作】、詳細は「ヴェノナ文書」参照
でよいだろう。
8 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:19/06/23(日)10:17:32 ID:P2F
肝心の「何で戦争は起きたのか?」について、全く触れてないw

簡単に言えば、欧米諸国の軍事的圧力に抵抗する為という理由がある。
この説明はアメリカ海軍が捕鯨船の補給港に、我が国を選んだところから話さないとならないが、何故にアメリカが北太平洋の西部地域で捕鯨を行っていたのかを説明する必要が生じて、マジで説明が長くなるwww
9 名前:第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb[] 投稿日:19/06/23(日)10:20:51 ID:RXi
あと「ヴェノナ」ね!!
10 名前:第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb[] 投稿日:19/06/23(日)10:21:20 ID:RXi
>>9
かぶった
11 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:19/06/23(日)10:21:50 ID:7we
太平洋戦争は第二次大戦の一部だし
第二次大戦すら世界の覇権を求めた米ソによる大英帝国破壊作戦だからな、
決着つかなかったから冷戦という延長戦に入ったけど。

スケールデカすぎてどう説明したもんか、
太平洋戦争だけなら黒船やアヘン戦争あたりからの説明が妥当かな?
12 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:19/06/23(日)10:27:27 ID:P2F
まあでも理由の一つは答えているね。
列島を防衛するのは困難だと。
だから列島を取り巻く要衝を抑えることで、包括的に防衛する必要が生じたんだよ。
なのに華夷秩序に毒された連中が協力関係を断ったから日清戦争や日露戦争、満州事変、支那事変へと連鎖してゆく。
13 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:19/06/23(日)10:53:42 ID:skj
いろいろな史観を知るのはよいことだけれど、ひとつの史観だけを知るのは良くないことだと思います
そこ、この人が悪いということではなくて選択肢の問題として考えてほしい
14 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:19/06/23(日)10:57:09 ID:skj
日本の海岸線が長いことは、当時は戦争で守りづらいことにつながった
いまはむしろ難民船の漂着問題のほうが大きいような
守りづらいからイージスアショアなどを配備するんだが、一部市民は反対ばかりだしな
海岸線は80年前の問題でなく現在の問題としてとらえなおした面からも話してほしかった
15 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:19/06/23(日)12:11:47 ID:znI
>要するに、この国は、戦争になったら守れっこないんですよ
だから朝鮮半島で敵勢力を食い止めないといけない、これが地政学なんですね
新羅出兵、文禄・慶長の役、日清、日露、常に目的は朝鮮半島の確保による本土防衛
帝国軍が建軍以来外征軍として整備され、若い兵士達が外国で血を流してきたのも全ては地政学的に本土と国民を守るにはそうするしかなかったから
半藤氏の言葉を補足するならこうだ
「専守防衛なんてできっこないんですよ。こんな日本が防衛戦争なんてしていいわけがない」
16 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:19/06/23(日)12:14:59 ID:TZ6
昭和天皇が開戦に断固反対を貫いたとしても、最終的には戦争にはなってたんじゃないかな
17 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:19/06/23(日)12:28:39 ID:HAQ
本人がいってるから真実とは限らない
って自分で言ってるじゃん


元スレ:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1561252070/
posted by newspro at 13:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログパーツ