2018年05月03日

【杉田水脈blog】【国会は何をするところか?スキャンダル追及を理由に法案審議拒否をするのは『本末転倒』】[H30/5/3]

3 いちばん身近な国会・内閣の話 (池上彰さんと学ぶ12歳からの政治) [ 学研プラス ]
価格: 3,240円 レビュー評価:0.0 レビュー数:0
池上彰さんと学ぶ12歳からの政治 学研プラス 池上 彰 学研プラス3イチバンミジカナコッカイナイカクノハナシ ガッケンプラス イケガミ アキラ 発行年月:2017年02月14日 予約締切日:2017年02月13日 ページ数:48p サイズ:全集・双書 ISBN:9784055012317 池上彰さんにインタビュー 国会・内閣とは?/第1章 政党/第2章 国会と国会議員/第3章 国会の仕事/第4章 内閣/第5章 地方自治 本 絵本・児童書・図鑑 その他 人文・思想・社会 その他
Supported by 楽天ウェブサービス

1 名前:■忍法帖【Lv=19,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb[sage] 投稿日:2018/05/03(木)12:08:22 ID:???

https://i.imgur.com/I0Jf9T2.jpg

昨日は差し替えで厚労委員会。野党が審議拒否でまたまた空回しでした。

先日、「野党は逃げないで」と書いたところ、「逃げてるのは自民党だろ」とか「安倍総理こそ逃げないで」とか
「野党は『審議拒否』という仕事をちゃんとしています」といったコメントが多数寄せられました。

国会の委員会ではそれぞれの省庁が担当する法案の審議をしています。それを経て本会議で更に審議し、可決します。
法案が通らないことには全国の地方自治体が行政を進めることができません。私達の生活が滞ってしまいます。

もう一度言います。国会は法案を審議する場です。スキャンダルを追及するところではない。

すべての委員会、本会議に出てこないということ(法案審議拒否)は、国会議員の本来の仕事を拒否していることになります。

与党は逃げていません。
大臣も政務官も委員会の委員も省庁の職員もみんな出席をし、粛々と法案を審議を進めています。
また、毎回野党に出席を呼びかけ、空回しのしながらその参加を待っています。

スキャンダル追及を理由に法案審議拒否をする。

「本末転倒」とは正にこのことです。(以下略)

杉田水脈blog/5月3日
http://blog.livedoor.jp/sugitamio/archives/9104963.html
−−−−−−−−
【お知らせ】
偽テンプレを貼る荒らしが現れましたら
通報協力をお願い致します。
−−−−−−−−
2 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2018/05/03(木)13:18:48 ID:rsw
正論
部下がセクハラしたら大臣クビ、なんておかしすぎるし
5 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2018/05/03(木)13:24:34 ID:pJa
>>2
今こうしてバカな前例を作ってしまうとだね、退職金に加えさらにはパヨク業界で囲ってお飯保障する前川システム
これが構築されてるんでマスコミや野党が気に入らない大臣の首を飛ばし放題にする事ができるかもしれないからね
3 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2018/05/03(木)13:20:12 ID:rvv
日当制にすべきだな。
4 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2018/05/03(木)13:22:26 ID:yVN
国会議員は分給でいいじゃん。
出席をベースに質問時間を上乗せする給与体系で。
6 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2018/05/03(木)13:37:38 ID:7Wv
こんな当たり前のことを言って聞かせなければならない、
マトモな大人は大変な思いをする御時世ですよね。
そらため息も出ますわw
7 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2018/05/03(木)13:40:58 ID:TLX
ただ今回に限って言えば
重要な法案の根拠となるデータを求めたら出鱈目なデータを出され
どんな質問しても同じ紙をただ繰り返しオウムのように読み返すだけだったり
さらには嘘の答弁をしてそれに合わせて文書を書き換えたりとか
そういうことが改善されないままなら審議拒否してもいいと思うけどな
単に野党のガス抜き審議で実質強行採決が続く審議ってのもいかがなものか


元スレ:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1525316902/
posted by newspro at 15:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログパーツ