2017年08月03日

【国際】サメ出没の原因は鯨増加?=豪環境相が調査指示 [H29/8/2]

サメのぬいぐるみAQUAガブッとサメ【ぬいぐるみ/プレゼント/海】【定型外郵便不可】【あす楽対応_北陸】【あす楽対応_東海】【あす楽対応_近畿】【あす楽対応_関東】
価格: 3,132円 レビュー評価:5.0 レビュー数:2
ガブッとシリーズ 大人の男性の腕でも肘くらいまでガブッと出来ますよ! ノーマル クリスマス用 くまさんや車、花などいろいろな 絵が付いてにぎやかです! クリスマスツリーや靴下、ベル などクリスマスの定番柄です。 こんな感じになります。 ■商品情報 8 サイズ約62cm 対象年齢6歳から 生産地中国 素材・成分 ポリエステル アクリル他AQUA(アクア) ガブッとサメ この商品は、サイズが大きいため通常のラッピングはできません。 大きなギフト袋に入れるラッピングになります。 詳しくは下記を参考にしてください。
Supported by 楽天ウェブサービス

1 名前:◆iTA97S/ZPo[sage] 投稿日:2017/08/02(水)20:42:54 ID:RiR
【シドニー時事】
反捕鯨国オーストラリアのフライデンバーグ環境相は政府系研究所の
連邦科学産業研究機構(CSIRO)に対し、海岸でのサメ遭遇事故増加と
鯨の生息数増加に因果関係がないか調査するよう指示した。
オーストラリアン紙が2日までに報じた。

環境相は西オーストラリア州で、サーフィン中にサメに襲われて死亡した
若者の近親者と面会し、対策強化を約束した。
同州内だけでも、2000年以降に15人が犠牲になっている。
サメの襲撃が増えたのは、沿岸で鯨が増え過ぎた結果、鯨を補食する
ホホジロザメも集まってきたのが一因との指摘があるという。
厳格な鯨保護で生息数が増えたことが襲撃増加の遠因になった可能性が
あるようだ。

対策として、「ホホジロザメを保護対象から外し、捕獲すべきだ」という声もある。

(略)

時事ドットコム (2017/08/02-14:30)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017080200660&g=int
2 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2017/08/02(水)20:45:36 ID:Dqa
欧米人愚かやな
気に入らない奴を根絶やしにする
そしてまた新たな問題を引き起こす
3 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2017/08/02(水)20:46:50 ID:nFr
カンガルーを虐殺した歴史は消せないぞ
4 名前:警備員◆OQUvCf9K4s[] 投稿日:2017/08/02(水)20:57:17 ID:PLa
>>3
アボリジニもだろ。
5 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2017/08/02(水)20:58:45 ID:IhE
そうしたのはおまえらだ
おとなしく囲まれてろ
6 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2017/08/02(水)21:00:21 ID:ohS

   よ  か  っ  た  ね  !
7 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2017/08/02(水)21:30:13 ID:wk9
>対策として、「ホホジロザメを保護対象から外し、捕獲すべきだ」という声もある。

ホオジロザメ 「このレイシストめ!」
8 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2017/08/02(水)21:32:50 ID:m4U
そういう科学的な調査に何の意味があるの?
クジラはお友達なんでしょ
増やし続けなさいせっせとw
9 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2017/08/02(水)21:35:12 ID:e7H
>対策として、「ホホジロザメを保護対象から外し、捕獲すべきだ」という声もある。

ホホジロザメの虐殺を許すな!!ホホジロザメを守れ!
10 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2017/08/02(水)21:55:28 ID:g4I
流石オーストコリア、発想が常に上から目線だな。
11 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2017/08/02(水)22:45:10 ID:nFr
今まで保護保護とうるさく言っていたのに自分たちの都合が悪くなると手のひらを返すんだからなあ
12 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2017/08/02(水)23:48:42 ID:0Xx
人間の生活よりクジラの保護が大事と言ってきたじゃないか
オーストラリア人が多少犠牲になっても我慢しろ


13 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2017/08/03(木)09:01:25 ID:8pp
そりゃ、クジラをとらないと増えるわ。
バランスが大切だわ。
日本でもイノシシ、シカ、クマが増えている。
イノシシなんか大正時代から全くいなかった地域にここ20年前くらいから
出没。
危なくて山の散歩を止めたわ。
バランスを保つために捕獲は必要だわ。
クジラは海の動物の頂点だからクジラが増えるとオキアミ、魚が減るだろう。
14 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2017/08/03(木)09:09:11 ID:Uy6
自分達で「鯨は大事なんですっ!」と言っておいて身勝手だこと
15 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2017/08/03(木)09:12:50 ID:VLf
ココリコ田中が「鮫の中で人間を襲うのはごく一部なんです、鮫は誤解されてるんです」と言ってたが、
じゃあ人間を襲うホホジロザメは駆除しついいってことなのか
17 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2017/08/03(木)09:18:10 ID:K0q
>>15
ホオジロザメの個体数の調査をきちんとしたうえで、保護も必要だな
人間は増えすぎているから、間引きは必要。
本当は、戦争や紛争で人間は間引かれて適正人口を保っていたんだが、WW2以後、その補正がうまく働かなくなって、人間が増えすぎたから、地球が人間を減らそうと頑張っているんだよ。
18 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2017/08/03(木)09:24:40 ID:Uy6
>>17
あと、医学の進歩で疫病で死ぬ人が減ったこともあるよね
昔は疫病で大量に人が死んだ
19 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2017/08/03(木)09:28:44 ID:K0q
>>18
それもあるな。
でも実は医学の進歩は両刃の剣ってやつなんだ。
医学が経済上の理由で薬学の方に偏りすぎて、なんでも薬で治せばよい。
病気にならないために予防注射をすればよいになって、逆にウイルスとかの病原菌が薬に対する耐性をどんどんつけて、薬が効かなくなっている。
それでより強力な薬を開発すると、今度は副作用がひどいということになる。

薬を飲まずに自己免疫で対処できる方に医学が進まなかったらか、そのうち人間はどんな薬も効かなくなるよ。
その時に一気に疫病が蔓延するかもな。
16 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2017/08/03(木)09:15:33 ID:K0q
まさか、シーチワワの一番の活動拠点のオーストラリアで、クジラ殺すなんてできないよな。
せいぜい追い払うくらいだな。
クジラは、ものすごい量の海生生物を一日の食料をして捕食するから、オーストラリアの周囲の海から小魚やプランクトンがいなくなるかな?
白人って、自然界のバランスって全く考えないよな。
まあ、長年の捕鯨反対運動の成果が出てうれしいだろう?
せいぜいこれからも頑張ってクジラを保護してくれたまい

そのうち中国人が捕鯨に行くかもな。
20 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2017/08/03(木)09:30:43 ID:PRc
一番人間を多く殺している蚊の活躍に期待だね
21 名前:ななしの国からこんにちわ◆ePSYFR8jBw[] 投稿日:2017/08/03(木)09:33:17 ID:yyk
鯨を守るためなら日本人を殺すのは当たり前、

テレビCMや、街頭パフォーマンスで、

主張し続けてきただろオーストラリア人は。

サメに食われるくらい我慢しろ。
22 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2017/08/03(木)11:06:53 ID:K0q
多分クジラが増えすぎて、周辺の海の魚がクジラの餌になっていなくなって、ホオジロザメの餌がクジラか人間ぐらいしかいなくなったのかもな。
23 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2017/08/03(木)11:16:32 ID:TR6
さすがオーストコリア
認知バイアス丸出し
24 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2017/08/03(木)11:18:33 ID:wmZ
サメもエサがなければそのうち減るんだから自然にまかせておけばいいんだよ
25 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2017/08/03(木)11:23:31 ID:K0q
クジラもオーストラリア周辺だけにいてくれればいいが、エサがなくなれば、エサのある海に移動するだろうな。
そのうち世界中の海から魚やプランクトンがいなくなって、クジラだけになって、最後はクジラも飢えて死ぬのかな。
まあ、世界の海がクジラだらけになれば、オーストラリア人としては本望だろうな。
頑張ってクジラの保護をしてくれ。ww


元スレ:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1501674174/
posted by newspro at 11:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログパーツ