2016年04月07日

【社会】警察庁が自動運転実験、初の指針案 ドライバー乗車が条件 「完全自動運転」認めず [H28/4/7]

1 名前:◆qQDmM1OH5Q46[sage] 投稿日:2016/04/07(木)13:34:38 ID:???
 警察庁は7日、ドライバーが運転操作しなくても走行できる自動運転車の公道での
実証実験について、運転者の乗車や道交法の法令順守などを条件にした初のガイドライン
(指針)案を公表。運転者がおらず、ハンドルもない「完全自動運転」は認めていない。

続き 産経ニュース
http://www.sankei.com/smp/life/news/160407/lif1604070011-s1.html


自動運転指針 2020年実用化目指すも課題山積 サイバー攻撃で操縦乗っ取り!?

(略) 

事故時の責任の所在も大きな問題。警察庁が自動車メーカーや研究機関などを
対象に実施したヒアリングでは、「完全自動運転」のレベル4になればシステムの
責任とする意見が多かったもののまとまらず、今後の検討課題となっている。

続き 産経ニュース
http://www.sankei.com/smp/life/news/160407/lif1604070012-s1.html

◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 41◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1459408695/828
2 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2016/04/07(木)13:35:39 ID:xx0
世界から取り残されてしまう
3 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2016/04/07(木)13:42:18 ID:zCN
自動運転中に事故起こしたら
メーカーの責任でいいじゃん
それだけ責任があるなら中途半端なもん出さんでしょ
4 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2016/04/07(木)13:51:35 ID:zSD
免許関連の利権維持かな
5 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2016/04/07(木)13:59:57 ID:8jv
google車が人乗ってても事故起こしてたな
6 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2016/04/07(木)14:07:00 ID:sWh
>現段階では急に障害物が現れた時にとっさの判断で危険を回避するため、ドライバーの存在が欠かせない。
違う違う、制動距離内という「絶対に止まれない区間」に飛び出してきた奴をひき殺したときの責任問題が、今まで積み上げてきた判例や遺族感情と物理学との間で整合性がとれないからだよ
今までなら「かも知れない運転」というほとんど予知能力のような特殊能力を発揮していれば回避できたはずだというへりくつで運転手の責任に出来たのが
これから「コンピュータでも判断できないようなタイミングであった」と言うことが数字として提出されてしまう。
警察はそれが困るんだよ
7 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2016/04/07(木)14:07:24 ID:VTU
免許の細分化ですか
8 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2016/04/07(木)14:21:24 ID:FNt
コンピューターを100%信用できるやつって何なの?
ブルー画面とか知らない人?
それとも宗教ですか?
13 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2016/04/07(木)14:33:31 ID:sWh
>>8
人間よりかは間違えないからな
判断力は人間の方が!!!って、言われても、これだけ囲碁や将棋で負けが込んでる状況では、説得力低いよねぇ
14 名前:清正公◆JPFm9fq5dw[民潭共用旅券MZPO地下銀行] 投稿日:2016/04/07(木)14:37:12 ID:2iP
>>13
それを言っちゃ、前の飛行機関連のトラブルはどうよ?

やっぱり人は必要だよ。
16 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2016/04/07(木)14:46:28 ID:sWh
>>14
飛行機に自動操縦がないって奴か?
巡航ミサイルという立派な自動操縦飛行機がそこら中で飛んでるし、UAVだっていくらでも飛んでるけど?
19 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2016/04/07(木)15:07:43 ID:3qJ
>>8
パソコンとかに相当無関心な人はそうなんじゃない?
それこそ、マスゴミの「人工知能ガー」に煽られてのぼせ上がる人なんだと思う
21 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2016/04/07(木)15:16:05 ID:krI
>>13
囲碁や将棋は抽象的な問題で、定義された問題を外れることは決して起こらないから。
そういうのは機械は得意なわけ。
現実世界ではなんでも起こりえる。
囲碁や将棋をやっていたら、突然誰かが乱入してきて暴力に訴えた、さてどうするか?なんて問題には
機械は手も足も出ない。
22 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2016/04/07(木)15:18:28 ID:FNt
>>13
そういう優劣の問題じゃないんだけどなあ
写真の振り分けで黒人をゴリラに判定して話題になってたし、認識能力はまだ人間の方が上でしょ
完全自動運転って画像処理でやるんじゃないの?
落下物や倒木、道路で倒れてる人、道路崩壊等、ちゃんと判別できるんかな?できても人間の判断を待つ、もしくは手動運転が正解じゃないかな?
大震災で信号止まったことあったけど、警官の指示に従えるのかな?
不測の事態に対応するには、人間並みに思考するAIが欲しい。けどそうするとバグも大量に発生する予感
今コンピューターはバグとウイルス対策に追われまくってんじゃん。未来でも無くならないんじゃないかなあ。
23 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2016/04/07(木)15:20:28 ID:WTN
>>21
実際あったよ
グーグルカーが後ろから来たバスにぶつけられた
でも速度違反しないという点だけでも人間よりはるかに安全だと思うけどね
9 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2016/04/07(木)14:22:48 ID:sWh
んで、更に言うと、自動運転で起こった事故Aと非自動運転で発生した事故Bとを比べられて
「自動運転でも防げない状況なんだから、非自動運転で発生した事故Bにおいてもドライバーの瑕疵を認めるわけには行かないんじゃないか?」って言われたり、
下手すると「去年下した判決は誤審じゃないか!」と言われることも考えられる
10 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2016/04/07(木)14:25:53 ID:i0o
積みあがった法を全部ひっくり返して修正していくのが面倒なだけでしょ。
11 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2016/04/07(木)14:29:21 ID:3qJ
前に大阪ニュートラム自動運転電車が事故ったしな
完全無人がいいのかは難しい
12 名前:清正公◆JPFm9fq5dw[民潭共用旅券MZPO地下銀行] 投稿日:2016/04/07(木)14:31:37 ID:2iP
技術的には飛行機だって軍民問わずに自立飛行できるのにしてないからね。
15 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2016/04/07(木)14:39:13 ID:NKN
運転席に人が乗った状態で、飛行機みたいに自動と手動切り替えられたらおkって事?
それでも良いよ。少なくとも年寄りがコンビニにダイナミック入店したり、片側一車線の道路でノロノロ運転とか無くなるし。
17 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2016/04/07(木)14:54:19 ID:sWh
もちろん、機械だって壊れることがある……が、それは人間も同じ
何らかの発作を起こして、その場でぽっくり、無人になった車が歩道に!!!!!!!!って事故、この間あったよね?
確率的にどちらが多いか?どちらの方がミスが多く、故障が多いか?って話で、俺は人間よりも機械の方がフェイルセーフも付けやすく、信頼が置ける。
特に車みたいに下は18の若造から上は90までの老人までもが乗り回す物の制御に関しては、機械の方がよっぽどマシ
18 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2016/04/07(木)15:05:14 ID:xx0
飲みたい&乗りたいという人の欲求を満たさんとする流れは
変えられないじゃなかろうか
20 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2016/04/07(木)15:14:22 ID:krI
まあ実際の道路で実験して検証してみるしかないわな。
それで長い間色々な条件でテストしてみて、実際に事故率が
人間運転より低いようなら、また考えられるだろう。
24 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2016/04/07(木)15:32:32 ID:i0o
一定の水準にそろえないと無理だろうね。
そうなると人の方が排除される。
25 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2016/04/07(木)15:42:06 ID:NKN
今の技術は人がメインで機械がサポートで、
これからは機械がメインで人がサポートって話だろ。
何でも良いから早くしろ、田舎ではドンだけ年取っても車が要るんだ!


元スレ:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1460003678/
posted by newspro at 16:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログパーツ