2015年11月09日

【国際】ベトナム人の英語力、世界70か国・地域中29位で日本抜く [H27/11/8]

1 名前:◆qQDmM1OH5Q46[] 投稿日:2015/11/08(日)17:39:10 ID:???
 スイスに本部を置くグローバル教育機関イー・エフ・エデュケーション・ファースト
(EF Education First)がこのほど発表した英語力ランキングによると、
ベトナムは非英語圏の世界70か国・地域中29位で、アジア16か国・地域中では5位につけている。
日本は世界30位、アジア6位だった。

 ベトナムの英語力は、「非常に高い」「高い」「平均的」「低い」「非常に低い」の
5ランクのうち、「平均的」に格付けされた。同ランクに分類された国・地域は、
韓国、イタリア、日本、台湾、インドネシア、香港など。

 ベトナムは前年のランキングで63か国・地域中33位、ランクも「低い」に分類されていたが、
今年は順位とランクのいずれも改善した。直近5年間で見ると、ベトナムの英語力は
「非常に低い」から「平均的」へと評価が上がった。

続き ベトジョー ベトナムニュース
http://www.viet-jo.com/news/statistics/151105071117.html

◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 31◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1445165737/755
2 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2015/11/08(日)17:45:41 ID:4mB
英語力高い国は大学の授業が英語で行われる
つまりその国の言葉では学術的な専門用語の訳語が無いもしくは少ないから
3 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2015/11/08(日)17:52:06 ID:tjg
英語や宗主国語を話さないと食っていけない国と一緒にするな。
4 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2015/11/08(日)18:06:01 ID:Vt2
>>3
同意。
△▼拡散希望▼△!!
5 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/11/08(日)18:06:48 ID:Rxa
母音が違いすぎるんだよな
イタリアが世界征服していれば楽だったのに
9 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2015/11/08(日)18:26:21 ID:fu9
>>5
スペイン語でも言いかもね
日本人には発音しやすく英語人には発音しづらいらしいから
6 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2015/11/08(日)18:08:48 ID:fu9
なんの自慢にもならんぞ
英語ができるって国は得た知識を自国に生かしにくいってことなのに・・・
8 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2015/11/08(日)18:25:43 ID:PzP
>>6
別に自慢はしてないじゃないか。
10 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2015/11/08(日)18:27:41 ID:fu9
>>8
ん?
この見出しって
>ベトナム人の英語力、世界70か国・地域中29位で日本抜く
自慢か日本の危機感あおりのどちらかじゃね?
7 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2015/11/08(日)18:12:14 ID:Vt2
破裂音のボキャブラリーの少ない言葉を広めないで欲しい
11 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/11/08(日)18:28:21 ID:Upx
現代の最新科学を扱ったエッセイに平安時代の枕草子を違和感なく引用する
別に珍しくもないことだが、実は全て日本語で書かれているからこそできる芸当
12 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2015/11/08(日)19:18:55 ID:nlB
英語力というより「英語依存度」だろう
本来の自国語だけでは大学レベルの教育を受けられない
学術論文を自国語だけで訳せない
古典や現行のメディアを訳しきれていない
民族が多すぎて共通言語がないと交流できない
何より英語に対して語彙が少ない
そういう国は英語力を高くせざるをえないわけだ
16 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2015/11/08(日)20:46:31 ID:Vt2
>>12
なる程ね……
13 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/11/08(日)19:23:48 ID:2i4
日本は翻訳機造りに
本気出せや!>(°Д°#)ゴルァ!!

眼鏡式かドラゴンボールのスカウターみたいな翻訳機。
東京オリンピックの時は、
空港でそれらを外人に無料レンタル。

後は、ネット環境、
現在のメタル回線を全部、光回線に替えて、
東京街の無料Wi-Fiを充実させたら〜〜

因みに、
現在の日本の中学や高校での外国語(英語)の授業時間は、国語や数学よりも多い。
最も多くの授業時間が外国語(英語)に割り当てられている。
多くの授業時間を英語に割くことによって他教科の授業時間を減らし、
日本人の低脳化を目指す教育方針なのかね。

中学の各教科等の授業時数
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/new-cs/youryou/chu/

高等学校学習指導要領
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/new-cs/youryou/1282000.htm

将来、英語圏で暮らす予定が無いなら
そんなに英語を勉強しなくてもいいだろう。
それよりも
科学技術の勉強に力を入れろや。
科学技術立国を目指すのだろう。日本は。
15 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2015/11/08(日)20:44:52 ID:Vt2
>>13
ホンマにアホやな
14 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/11/08(日)19:33:04 ID:0Ri
>>2で終了。
英語力()なんぞを付ける為に時間使うよりも、自分の得意とする専門分野に注力した方が遥かにマシ。
たとえ高卒で終わる予定でも、英語圏なんて最低限やっときゃいい。
その分雑学収集した方が遥かに充実した人生になる。
17 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2015/11/08(日)21:02:20 ID:SWh
英語教育についての考察【家庭コラム】「自国語を尊重せずして、英語教育など有り得ない!」

最も問題なのは、英語教育開始年齢よりも、むしろその動機です。「グローバル化時代に対応するため」
「日本を訪れる外国人が増え、日本国内でも英語を使うことが求められる環境が増えるから」
など、独自の言語を持つ独立国としての主体性も誇りも感じられない理由付けに基づく英語教育で育った子供が、
果たして自国に誇りを持てる日本人に育つでしょうか?

人間の世界観は、一つの言語で築かれる。だからこそ、母国語教育の充実は英語よりよりも遥かに大切。

「人間は同時に二つの言葉でものを理解し、考えることはしない。一つの言語で自分の世界を築き、
外界を少しずつ理解して成長し、第二言語は第一言語を使って習得する」
「母語の習得がある程度まで進まないと、子供は複数の言語に接しても、それが各々
「別の言語体系に属するものの一部」であることがわからない。このため、母語と外国語のルールを
混然一体で覚え込んでしまい、どちらもまともに学習していない中途半端の状態になってしまうという。」
「英語教育ありきではなく、まずは自国語での思考能力を養い、世界観を持たせるのが大切です」
http://www.sakuranokai.org/article/414024496.html
19 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2015/11/08(日)21:12:12 ID:Vt2
>>17
同意。
>>18
好きで無ければ記憶から薄らいで行くよ……
18 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2015/11/08(日)21:05:30 ID:WbQ
日本人が何年勉強しても英語が使えないのは謎だ。
俺も一時は英語のニュースが聞き取れるようになったことがあったが、
どういうわけか今は映画の短いセリフすら聞き取れなくなった。
どうなってるのかなあ。
20 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2015/11/08(日)21:32:16 ID:EkD
今や小学校から英語を習うするわけだが、
それで身につく英語力は習った年月に見合ったものなのかな?

いつもの「日教組が悪い」で終わると困るけどね
22 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2015/11/08(日)21:57:03 ID:Vt2
>>20
うん
21 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2015/11/08(日)21:37:02 ID:0hC
とあるテレビ番組でネイティブさんがトマトをトメィトゥと普通に発音したら場に笑いが起きてた
こんなんで英語伸びるわけない
カタカナ英語が足枷になってる
23 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2015/11/09(月)02:02:34 ID:vIj
イギリス英語ではトマトの発音は普通にトマートゥ
トメィトゥはアメリカ英語(=上品じゃない)
24 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2015/11/09(月)08:40:05 ID:Lpb
英語で通じるなら旅行いこうかな
年末予定まだないのよね


元スレ:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1446971950/
posted by newspro at 09:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログパーツ