2013年04月21日

【文芸】村上春樹『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』、週間売上30万部突破…齋藤智裕『KAGEROU』以来2年4ヶ月ぶり

1 名前:パニックスイッチφ ★[] 投稿日:2013/04/18(木) 05:09:20.82 ID:???0
 村上春樹氏の最新作『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』
(12日発売/文藝春秋)が、4/22付オリコン"本"ランキングBOOK(総合)部門で
週間37.2万部を売り上げ、初登場首位を獲得した。

 村上氏の同部門首位は、前作『1Q84 BOOK3』(新潮社)以来3年ぶり。
週間売上30万部突破は、2010/12/27付で俳優・水嶋ヒロが本名の齋藤智裕
として発売した『KAGEROU』(ポプラ社)以来、2年4ヶ月ぶりとなる。

  同作は、高校時代の友人4人から、なんの心当たりもないまま絶縁され、
心に傷を負った主人公・多崎つくるが、16年の時を経てその傷と向き合い、
真相を知るため旅に出る物語。

 新作発表から話題沸騰となり、発売前に増刷が決定。発売前日深夜には、
東京・代官山蔦屋書店でカウントダウンイベントが行われ、メディアにも大きく
取り上げられた。前作『1Q84』は『〜1』が6週連続、『〜3』が4週連続で総合首位。
さらに、『〜1』と『〜 2』は100万部を突破、『〜3』も90.1万部の累積売上部数で、
歴代の「文芸部門」でTOP5入りと、順位・セールス共に華々しい結果を残しており、
今作にも期待が高まる。

 また、2位と3位には、今月9日に発表された『2013年本屋大賞』の受賞作、
百田尚樹氏『海賊とよばれた男』の上下巻(2012年7月11日発売/講談社)が、
週間売上7.6万部、5.2万部を記録し、先週の100位圏外から急上昇した。
文芸作品によるTOP3独占は、2009/6/22付で村上氏『1Q84 BOOK1』と『同2』、
西尾維新氏『偽物語下』で記録して以来、3年10ヶ月ぶりとなった。

http://www.oricon.co.jp/news/ranking/2023800/full/
https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/s/?@0_mall/book/cabinet/1108/9784163821108.jpg

村上春樹『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』 | 特設サイト
http://hon.bunshun.jp/sp/tsukuru
13 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2013/04/18(木) 05:30:50.82 ID:Cs1BSgYYT
村上春樹新作「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」あらすじ(ネタバレ) http://moneytec.livedoor.biz/archives/52041571.html
こんばんは、村上春樹大好き、ハルキスト滝川@〜マイレージ・クレジットカード〜 マネーテクニック!です。(後略)

以下あらすじ(※ソース元はクソ長いので要約しました)
主人公は学生時代、仲良しグループからハブられるという経験をした。
そんで当時は死のうかとか思ったりもした。
主人公をハブった極悪人どもの名前は、赤松慶(アカ)、青海悦夫(アオ)、白根柚木(シロ)、黒埜恵理(クロ)、
そして主人公、多崎作(たざきつくる)の5人グループだった。
つくる君だけが名前に色が入っていない(だからハブられたというわけではない)。
「色彩を持たない」というタイトルはここから来ている。

まあなんだかんだあって立ち直った主人公は、大学で灰田くんという後輩と仲良くなる。
運命のいたずらか、彼も名前に色があった。

ある晩主人公は、夢の中で元仲良しグループのシロと激しいセックスをする。
そしてシロに中出しをキメたと思ったら、灰田くんの口に射精していた。何がなんだか分からない。
その後灰田くんは失踪、主人公は再びぼっちに。

時は流れて主人公36歳。木元沙羅という女と出会い付き合う。
数回目のデートで、昔のハブ経験を打ち明ける。
そしたら彼女がフェイスブックやグーグルで仲良しグループの現在を調べてきた。怖い。
んで彼らと会って話し合えとか言う。

仲良しグループ一人ずつに話を聞いて回る主人公。そこで、実は同性愛者でしたとか衝撃の告白をされたりする。
それはおいといて、昔主人公をハブった理由は、シロが主人公にレイプされたと言い出したからだった。
実際にシロは妊娠し、流産した。そして数年前に殺されたらしい。
最後に訪ねたクロは、昔主人公のことを好きだったの、と告白する。主人公とクロは抱き合う(セックスしたかは不明)。

帰った主人公は、他の男とも付き合ってるっぽい沙羅に「君のことが本当に好きだし、心から君をほしいと思っている」と告げる。
何がなんだか分からない。
17 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2013/04/18(木) 05:36:45.98 ID:A8CLaZbs0
ごめん。村上春樹って一冊も読んで無い。っつうか皆最近の本って読むんだね。
オレは古典の純文学とか、今まで歴史に残ってる名作読んでる。
題名知ってるけど内容知らない本って結構あるぜ。
吾輩は猫であるなんて、内容しらないだろ?
19 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2013/04/18(木) 05:40:14.14 ID:Cs1BSgYYT
面白い?拍子抜け? 「ハルキスト」は話題の新作をどう読んだのか
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130417-00000555-san-ent

 ≪批評家・宇野常寛さん≫

 ■冗長な自己回復の旅

 発売されたことが「事件」となる話題性とは裏腹に、作品自体は肩慣らし投球を
思わせる「小品」。長編ということで総合小説を期待して読むと落胆するだろう。タイトルの
「色彩を持たない」とは「やれやれ」と物事から距離を置く村上春樹の小説の主人公に多い
自己完結した態度のこと。批判されがちなこの種の男性主人公の自己回復の旅が本作では
描かれるのだが、行く先々でその自己愛が追認されていくだけの展開は結論ありきで冗長に感じる。
色彩のない=デタッチメント(無関心)からコミットメント(関与)へ、は20年来の作者の抱える
テーマなのだろうが、そもそも自分のことを「色彩のない」人間だと思っているのは、それこそ
村上春樹の小説の主人公にストレートに自己同一化できる男性のナルシストくらいだろう。今更、
この分量で描かなければいけない題材ではない。作者に対するフェミニズム的な批判に対する
応答の側面も強いが、論点をずらす方向での応答で空回りしている。
24 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2013/04/18(木) 05:48:31.21 ID:Wi2//q4mP
>>13
また何か相も変わらず「アンニュイ(笑)なボクの性春と人生模様」、
自称インテリ系のIQ110くらいの半端なザーマス婆あとその予備軍のバカ女が喜びそうな
村上自体がそういう男のオバハン気質なんだろうがな

バカおばはんの嗜好対象
IQ
105-115 村上ハルキ
95-105 韓流 (消滅中)
-95   ジャニーズ
52 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2013/04/18(木) 09:11:10.08 ID:Y7RMRDiv0
>>45
純文学の名作ならあらすじ紹介されても色褪せたりしない。
逆に興味を抱いて、人物の心情を深く知りたくなって読みたくなるものだ。
村上氏の作品は秘密裏に上梓され、ネタバレ禁止扱いで一斉発売する。
漫画や三流映画の手法そのものじゃないのよ。
25年も経つノルウェイの森は古典になっているかい?
54 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2013/04/18(木) 09:28:48.71 ID:sTE/onhQO
>13
あらすじ見ると陳腐とか超展開とか以前にノルウェーの森の焼き直しにしか思えないけどね。

主人公は賢者ぶってるけど自分以外興味ないみたい。
そのことに無自覚なままだからいらっとくる。
59 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2013/04/18(木) 10:03:33.32 ID:gGBQCbXX0
■1分で分かる! 村上春樹

『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』


主人公は多崎つくる(36歳)。

彼は木元沙羅(38歳)とのデート中、大学時代の仲間(アカ♂、アオ♂、シロ♀、クロ♀)に突然ハブられたという過去を告白する。

彼女のすすめで過去の仲間と会うことにした主人公。

ハブられた理由が判明。

シロ♀が主人公にレイプされたからだという。

だが主人公はレイプなどしていない(夢の中ではした)。

シロ♀は妊娠後、出産し、殺されたらしい。

クロ♀と再開した主人公は、告白され、セックスする。

ラストで主人公は、セフレのいる木元沙羅(38歳)に、
「君のことが本当に好きだし、心から君をほしいと思っている」と告げる。

おしまい。
63 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2013/04/18(木) 10:19:48.86 ID:uINDDdK3O
>>61文学なのにセックスもないのか

有害図書()だね

いつもの春樹ぶしでなにが違うのかと言われれば
題材が陳腐になった程度じゃね
とりあえず、本人はそうとう空虚な人間なんだろうなーって思う
そしてそれがウケてるんだと思うんだが

次ハードボイルドワンダーランドみたいなの頼むわ
73 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2013/04/18(木) 12:45:19.73 ID:LUrlvThU0
>>71
いや、面白くない作品とか苦痛でしょ。村上春樹の作品は一般教養的な目的で読まれてるに過ぎないよ
つまんねーけどまぁ、社会人として一応読んどいた方がいいのかなぁ。って
だってこれ村上春樹が書いてなかったらどこからも出版されないレベルのつまらなさだもの

君みたいに小説読んで頭よくなった気になれる人だけでしょ。ありがたがるのはw
74 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2013/04/18(木) 12:50:35.05 ID:vlRhKQqF0
>>71 個人的な意見で、反論でも批判でも無いのを先に断りますね
漫画で例えましょう
絵が綺麗だとストーリー駄目でもいけますか? 自分は駄目です
引き込まれるストーリーなら正直絵は気にならないです

また翻訳本は訳者によっては文章に難がでてしまいます
でも、面白い話はやっぱり面白く感じるものです

まああなたは文章に重きを置くかもですが私はストーリーに重きを置くタイプですよと

因みにこの作者では羊をめぐる冒険(だったか)を読みましたが正直あいませんでした
88 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2013/04/18(木) 17:00:10.73 ID:wpFbxNOx0
>>13
> ある晩主人公は、夢の中で元仲良しグループのシロと激しいセックスをする。
> そしてシロに中出しをキメたと思ったら、灰田くんの口に射精していた。何がなんだか分からない。


何これ、ホモ向けのマンガ?(笑)
110 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2013/04/18(木) 18:56:15.18 ID:JEORa3S10
「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」を読んだ

誰だって、読みたい本はたくさんある。しかし、何やからが忙しくてなかなか読みこなせない。それが日常というものだ。

それでも、他の予定をのけてでも発売されるその日に読みたくなる本もまれにある。「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」は、きっとそんな部類に入る。

十時過ぎに宅配で届いた本を鞄をに入れてカフェに向う。
椅子に腰を下ろすのと同時にしおり糸を向こう側に放り、表紙を広げる。
その瞬間からヘッドフォンをつけなくてもあたりはしんとする。

ふと気づくと、テーブルのコーヒーはとうの昔に冷めて艶やかさを失っており、
右手よりも左手の方がページの厚みが薄くなっている。そして、あちら
丶 丶 丶
側からこちら
丶 丶 丶
側に連れ戻したのは、携帯電話の震えだったことに気づく。

結局、その電話をきっかけに、あれほど優先したはずの本を横において、女性と豊かな夜を過ごした。
なぜそうなったかは複雑で上手く説明できない。おかげで少し眠いけれど、読み残した続きの文章は豊饒になったように感じた。

何かを信じることができたあの頃に戻りたいと思うけれど、本当は今でも自分の一部はあの頃に取り残されているのかも知れない。

新田ヒカル
111 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2013/04/18(木) 18:56:55.63 ID:JEORa3S10
新田ヒカル氏は多摩大学卒業後、NTTに入社、
着メロ課金システムを開発し1000億円市場を創設したほか、
Facebookのザッカーバーグ氏とほぼ同時期にSNS開発に着手、
後にGmailやGoogleMapで実現するビジネスモデルを次々提案、
しかしNTTにそれら事業の先進性を理解できる者が居らず退社、
東京大学大学院工学系研究科MOTで学び(未終了修士未修得?)
投資家に転身すると2年連続500%の驚異的パフォーマンスで
日本株現物だけで数千万ロット(数十兆円相当)の資産とし、
しかしお金を増やすことに興味はないので進んで質素な生活を好み、
読書と坐禅で悠々自適に過ごす埼玉県川越市霞ヶ関在住の天才投資家。
http://www53.atwiki.jp/hikaru225/
114 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2013/04/18(木) 19:04:19.91 ID:cCoYLiJG0
>>10
ストーリーの意外性とかキャラの面白さとかで話題が広がりやすいからマンガのほうがネタになりやすいな
春樹の場合都合よくセックスしたり 主人公のいうことを都合よく「わかるわ」とか理解し始めるバカ女とか出てくるだけでネタになりにくい
119 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2013/04/18(木) 19:51:40.10 ID:FK11KXHS0
やたら、あらすじを出して馬鹿にしてるやつがいるが
村上春樹なんか風の歌を聞けからストーリーはこんなもんだぞ
伏線回収せず意味不明で終わるなんていつものこと
ただ、昔は文体とか生活スタイルとかがかっこよかった、圧倒的に。
今は知らん
132 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2013/04/18(木) 21:26:56.98 ID:Rf8cQqLc0
村上春樹って難解さでいえばどう考えても一般受けするような作家じゃないよな
本歌取りに使う作品はみんながみんな知ってるような作品じゃないことが殆どだし
暗喩の読み解きはある程度文学の構造や記号や技術の知識がないとできない
139 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2013/04/18(木) 21:53:23.70 ID:FnE2YmJU0
604 :名無しさん@13周年:2012/10/12(金) 11:42:27.65 ID:NvvABTu60

なぜかノーベル賞候補になった村上春樹がキナ臭いと思ってググッたら・・
やっぱ創価ゴリ推しだね。

http://bun.soka.ac.jp/assets/files/international-competition.pdf
創価大とロシアの大学の交流で
ロシアの大学生に池田大作と村上春樹の著書を読ませてる。

創価信者800万世帯が購入してミリオンセラーになる、池田大作氏の著書と同じカラクリ?

605 :名無しさん@13周年:2012/10/12(金) 11:50:38.06 ID:NvvABTu60

村上春樹は、激しく在日ゴリ推し臭い

http://japanese.joins.com/article/459/160459.html?servcode=A00code=A10
在日の言動って共通点がある 右傾化がどうとか・・
日本の反原発も在日だし。
144 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2013/04/18(木) 23:48:27.22 ID:G6/ZoBEt0
ここで酷評される作品ではないと思うけど
36才位にしてはいえ電つかいすぎだったり
不意にやはり60才位の感覚なのではとよぎってしまうことがあった
感覚が若いということはたしかに些末なことかもしれないけど電子書籍でよみたかったという感想に帰結するのかもしれない
152 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2013/04/19(金) 03:29:17.19 ID:yYCajO090
コレって第二次世界大戦で日本をハブにしたメイソンリーに対するメッセージなんでしょう?
赤青白黒はヨハネの黙示録の四騎士からのモチーフだな。
普通の読者にはよくあるタイプの他愛の無いライトノベルの駄作だが、
当事者だったメイソンリー達は秘密を暴かれて震え上がっているという仕掛け。
153 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2013/04/19(金) 03:38:42.34 ID:TarD4HTR0
>>90
ブック3よりはマシらしい
書評家大森望の採点は53点(100点満点)
期待外れの連続
思わせぶりのネタの半分ぐらいは、ほったらかし
答えが出たのもつまらない答えしか出てこない
158 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2013/04/19(金) 04:07:25.18 ID:yKPDS1se0
80年代は浅田彰とかポストモンダンとか変な物がやたら持ち上げられた時代だった。
時代全体が背伸びをしていたのだろう。村上春樹もその一つ。
思わせぶりな描写がとにかく不快な作家。文章が不必要に回りくどくキザ。思わせぶりな独白や
セリフで引っ張って興味を持たせて、サクッと裏切る。不誠実な作風の不快な作家。とにかく消えて欲しい。
161 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2013/04/19(金) 04:30:13.00 ID:H2JM1rUnT
書評家・大森望さんの話。村上春樹さんの新刊本のカウントダウンイベントの取材へ深夜の書店に行ったら、新刊本を買い求める客は少数で、大半がマスコミでごった返して、肝心のカウントダウンが全然盛り上がらない内にいつの間に午前零時の発売解禁を迎えた…って話は笑えたな
163 名前:ドアラ♪[] 投稿日:2013/04/19(金) 08:11:42.24 ID:0iRBahQy0
>>69
名作かどうかはしらんけど、ゴドーを待ちながらとか蒲団とかは筋書きはあれだな。
良く分からんけど、むしろ純文学というのはプロット、筋書きはどうでもよくて
レトリックに命を注いでいるという感があるから>>45は正論のような…
168 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2013/04/19(金) 08:33:59.47 ID:daxr7TfL0
読んでないから>>13だけでの感想だが
詳しい中身は置いといて、もう自分以外のグループの皆の名前に
何かしらの色が入ってるという漫画的なベタさのセンスが書いてて恥ずかしくならないのかな・・・
そういえば山p−のドクターヘリも皆の名前に色はいってたよな
171 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2013/04/19(金) 11:17:43.79 ID:1jcVEJ+R0
割りと有名な批評家で、ノルウェイの森は日本の国民文学というようなことを言ってる人もいるね。
一体どこが?と言いたくなるのだが、大部数売れてるので、そういった点では条件を満たしてるのかな。
発売当時に500万部以上売れて、今では累計1000万部を軽く超えてるんだったかな。
少なくともその内の3割くらいの読者は、熱心な肯定派になってもおかしくないようにも思うのですが、どうなんでしょう?
172 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2013/04/19(金) 12:19:05.85 ID:75cm9OGk0
>>161
そもそもこんな企画考えた奴が馬鹿だよな。
いくら人気があるっていってもワザワザ午前零時に本買いに行く奴いないだろとw

まあ、出す度にこんだけ売れる作家はなかなかいないから、出版社にとっちゃありがたい話だろうね。
177 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2013/04/19(金) 16:12:08.73 ID:ZKhxfAvi0
1Q84とか多崎つくるって春樹の中でそんな祭りになるような作品なのか?
1Q84読んだ限り、もっと昔の作品の方が内容的にも話題性あったと思うんだが
てか、発売まで内容伏せてるから、良いものか悪いものかも分らない状態でみんな買ってるんだよな

いかに出版社やマスコミの煽り体質が酷くなり、それに引っかかる馬鹿が増えたか
純粋な春樹ファン以外は、せめてあらすじや評判聞いてから買えよ・・・
186 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2013/04/19(金) 21:42:19.06 ID:K3CPBf360
ストーリーが面白すぎると、純文学から外れる扱いになるらしいよ。
もう随分昔の昭和の時代に、ストーリーが面白いという理由で、正当な純文学ではないとされて
芥川賞もらえなかった作家が居たそうだ。春樹のことではないよ。春樹の初期は既にポストモダンな感じの
ストーリーが希薄なものだった。
189 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2013/04/19(金) 22:10:43.40 ID:w0gJkvZ/0
村上春樹は女性同性愛は出てくるけど男性同性愛は
主人公と関係ない位置に配置してたが今回は主要テーマの
一つに置いたのか
ダンスダンスダンスでも同性愛者出てくるが
すげー差別的に書かれてる
ボーイジョージもオカマの肥満児とか馬鹿にしてるし
192 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2013/04/19(金) 22:21:29.74 ID:yKPDS1se0
16年前に高校でハブられたことを気にし続けて心を病むバカなんかいねーだろ。
世の中にはずっといじめられ続けて友達すらできないやつだっているのに、高校時代に男女混合の
仲良しグループがいるやつなんて恵まれているとしか思えない。
本当にリアルな心の傷を描きたいんならこんなテーマ選ばねーだろ。
こいつの小説は薄っぺらくてバーチャルで、全然心に真に迫ってこないんだよ。日本人バカにしてんのか。
193 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2013/04/19(金) 22:22:35.67 ID:K3CPBf360
>>190 以前にポツンと出してた「アフターダーク」も内容薄めだったよね。
ページ数半分くらいで丁度いいのではないかと思えるような内容だった。
しかしあの長さで十分に描写することこそが、あの作品のテーマに沿った表現法の正解だったのかもしれないけど。
そういう方面は余り詳しくないので、内容薄いんだからもっと薄くていいではないかと単純に思ったのである。
200 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2013/04/19(金) 22:45:27.27 ID:zlDAduwXO
>>183
読書量が激減した現代だと、読書してる人間=知的みたいな風潮あるからね
あまりマニアックそうな名前だとオタクっぽくなるから、イマドキで知的ですアピールするにはこの3人は打ってつけだなって
206 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2013/04/19(金) 23:31:54.93 ID:BZnY2P7T0
巡礼に、出かけるなら

明治神宮、乃木神社、靖国、二重橋・・。そんな気分の夜ですよ。

巡礼なんて大それた言葉、タイトルにいれやがるから、ロムってられなくなりやした。

お騒がせしました。では、おやすみなさいませ。
214 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2013/04/20(土) 01:57:54.58 ID:OKIQbAA10
【直言極言】村上文学と戦後的価値観の破綻(ネタバレ注意)[桜H25/4/19]
http://www.nicovideo.jp/watch/1366353949

水島聡って村上春樹と大学で同じクラスだったんだな…。同世代の批評がリアルで面白い。
215 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2013/04/20(土) 02:25:13.80 ID:wpRjtgNW0
村上春樹には中身が無い
語れることが何もない人
俺らと同じ
ところが村上は、その何もないということを逆手にとって
何もないということ自体をテーマにしてしまった
「何も無さ」というのはわれわれ凡人が普通に感じていることなので、
語ることありありで才能豊かな小説家よりも、
圧倒的な支持を得られたわけだ
222 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2013/04/20(土) 10:26:03.15 ID:op8PyKYI0
>>27
ノルウェイの森がヒットする前は、好きな作家・村上春樹と言うと、俺ってサブカルおしゃれ作家が好きなイケてる人間だぜって見栄が張れたんだよ
逆になっちゃったな
隔世の感がある
238 名前:ドアラ♪[] 投稿日:2013/04/20(土) 12:08:02.86 ID:nLfWZlL20
>>119
確かに文体>筋なんだから、ばかにする連中に言いたいのは
たとえば彼の小説が映画になっているかい?って話だよね。
文学的名作は映画化できないもんだ。なっても別物になってしまう。
239 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2013/04/20(土) 12:11:55.55 ID:GHscvAGyP
>高校時代の友人4人から、なんの心当たりもないまま絶縁され、
心に傷を負った主人公・多崎つくるが、16年の時を経てその傷と向き合い、
真相を知るため旅に出る物語。

毎度よく同じような話ばっかり考えつくもんだ
243 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2013/04/20(土) 12:32:41.35 ID:Nk1X3Czz0
>>238
これだけ売れてる作家だから、映像化のオファーは殺到しているだろ
だけど本人はほとんど断ってる
だが、風の歌を聴けとノルウェイの森は映画になってる
俺は両方とも駄作だと思うが、村上はノルウェイの森は褒めてるな
248 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2013/04/20(土) 13:17:54.61 ID:Afvrsg6OO
>>232
昔から、というよりデビュー作かららしいけどねw
エッセイで大手新聞社にボロクソに批判されたとか書いてた

ただ芸スポで新作出る度スレ立つのは春樹以外思い付かないし
なんだかんだ凄い作家だと思うわ
301 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2013/04/20(土) 15:35:24.37 ID:AivYAC880
春樹は自分は小説書くだけで後のマーケティングはご自由にどうぞってスタンスなんだろうけど、この騒ぎをどう思っているんだ?
マスコミ嫌いは周知の事実で、今回の行列つくってる奴らも春樹が嫌うタイプだと思うんだが
302 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2013/04/20(土) 15:40:51.36 ID:aQzXl1r1O
アフターダークの時がそうだったけど
内容とプロモーションが全く噛み合ってなかったよな
販促ポスターはやたらポップでバカにしたような比喩表現の箇条書き
あれは萎えたね 出版側が内容理解する気ねーのかよと
308 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2013/04/20(土) 16:27:27.03 ID:AivYAC880
>>302
今回も1Q84の時も発売まで内容伏せるってやってるけど、
あれまさに出版社が売上しか頭にない事を如実に物語ってるな
作品や作家への理解とか敬意とかそういうの一切無いんだろうね

小説じゃない方面でも、
出版社が作者を無視して好き勝手やってるって騒ぎを随分聞くようになった
不況で必死なのは分かるが、少なからずそういう姿勢が現状を生む原因になったと思うんだ
310 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2013/04/20(土) 16:33:13.86 ID:0y0gfoLr0
>>59
主人公が本当にレイプしてないかどうかはグレーゾーンだって話か?
なんかそういうの好きだよなこの人って
村上が何作か翻訳やってるティム・オブライエンの作品と似たものを感じる
ティム・Oの小説は村上嫌いな人にも1回読んでみて欲しいわ
「本当の戦争の話をしよう」を一番お勧めしたい
312 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2013/04/20(土) 16:44:24.19 ID:0y0gfoLr0
言葉で直接言い表すことのできない何かビジョンというかクオリアが、この人の内かあるいは外からやってきて、それを伝えるために何とか言葉を使って輪郭を浮かび上がらせようとしてる
というのが俺が読んだ村上作品の印象、といっても最近のはほとんど読んでないけど
戦争行って井戸に落ちた話が覚えてる限り一番面白かったな
316 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2013/04/20(土) 17:01:20.94 ID:0y0gfoLr0
>>192
見た目は普通以上だし、繋がりのあるルックスの良い異性もいるんだけど、何か欠陥があったり境遇が悪かったりして被害者の立場に置かれている
っていう感じの設定は普遍的に受ける
多くの人間にとって感情移入して自己陶酔しやすいんだろ
フィクションに本物のリアル求めるのは難しいよ
所詮一人の人間の頭の中で作られたものだから
320 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2013/04/20(土) 17:20:29.65 ID:90ubhPwCO
>>312
自分でもどうなるか分からないで書いてるって何かで言ってたことあったから、あるいはそうかも・・?

井戸の話のねじまき鳥クロニクルはヒキ時代に読んだから共感できたし思いっきり世界にのみ込まれたなあ
330 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2013/04/20(土) 19:57:24.07 ID:c3hGpmnn0
村上春樹を読んだ後の春樹作品特有の脱力感みたいなのも余り好きではないが、
浅田次郎を読んだ後の、「どうだ。これで満足だろう」と言われてるみたいな読者サービス大盛り感というのも、何だかなァと・・・・。
浅田のようなエンタメ系には必然となる「倫理観」みたいなのが、鼻につくんだよね。ジャンル的にはそれで仕方ないと思うので
浅田次郎のせいばかりではないと思ってはいるんだけど。 
英国のジェフリー・アーチャーなんかも、非文学的な読み物作家だと言う事で笑われてたりもするようだが、大部数を売っており、
また大衆がどのような「倫理観」や「整合性」を求めてるかが如実に分かって、そこらに注目して読むと興味深い読書体験になったりもするね。
334 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2013/04/20(土) 20:32:49.47 ID:n7VYkCuL0
過小評価が最も凄いのは橋本治らしいぞ。
主たる文芸評論家が誰一人まともに取り上げないのだが、しかし橋本を見逃してるという指摘は
地位としては一流半くらいの批評家からは、多数出てきている。一流半なら、その程度は自分でやってしまえば
ついでに出世できて一流になれたりもして良いのではないかと思うのだが、しかし余程取り扱いしにくいのか
本格的な取り組みで批評をやってみせた人はまだ居ないんじゃないのかな。
341 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2013/04/20(土) 22:42:47.58 ID:/ts6UQEhO
表紙の装丁だけで

タイトルもイミフ だし

なんか 買う 予約購入で忘れてたのに届いた

的なエアーサブスクリプション だろこれ

だから 内容はどうでもいーから電子版は売れない と作られてない ばれるからな


ちなみに一冊もよんだことないの森
344 名前:↓推奨[] 投稿日:2013/04/21(日) 00:01:42.93 ID:Ms2Qu1n+0
NHKの極左捏造路線 何とかなりませんか? 新6
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/nhk/1360166413/


【皇室】チャンネル桜の姫?高清水有子【秋篠宮】14
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/mass/1344872258/
【皇室】チャンネル桜の姫?高清水有子【秋篠宮】18
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/mass/1362188714/



V
354 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2013/04/21(日) 04:44:15.73 ID:r+tJ18cnO
harukimurakami_ 言うまでもないことだけど、セックスにとって大事なのは数ではなくし質だ。その質に満足できれば、相手が一人だってちっともかまわないし、たとえ一万人の異性と寝たって、心にすとんと落ちるところがなければ、すべては時間と精神の浪費に過ぎない。
362 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2013/04/21(日) 08:22:03.30 ID:YNHnqlQI0
河本準一を守る市民の会 新宿区西早稲田2-3-18
オセロ中島知子(39)、霊能者による強い洗脳状態にあると有田芳生氏
つるべって、二年前に竹島くらいチョンにクレテやれってコイタ 超反日松竹芸能の売国奴だぞ!
364 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2013/04/21(日) 08:29:57.75 ID:eGX4BGjv0
>>363
小説は100万部で超大ヒット、漫画は人気作品ともなると
1巻100万部はザラ。出版社は、漫画の利益で若手の小説家や
文芸作品出して作家を育ててるような所があるのに、それを
理解しないで漫画文化叩いてる小説家志望見てるとイラッとくるw
365 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2013/04/21(日) 08:38:03.38 ID:YO1Lmgtr0
>>358
しかも買い取り価格は10円くらいかなw

ちなみにハリポタは発売から約1年後までに世界中で約4400万部だぜw

島国根性の在日日本人は春樹の本を前日の夜並んでまで買うというちっちゃい
エピソードをテレビのニュース出まで扱う国民性だからなw
吉本ばななも絶賛するアホは実在するしwww
374 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2013/04/21(日) 09:10:51.48 ID:ivpHCRx50
>>372  虚無と言えば、春樹の十八番だぞ。
いつもテーマは虚無といってもいいくらい。技巧は優れてると思うので、それでもいいとは思うのだが
しかしそんなに虚無ばかりがテーマでは飽きると思うのだが。なんでこんなにずっと大量に売れてるのかと疑問に思う。
一時的にブームなどなら解せるのだが。


元スレ:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1366229360/
posted by newspro at 20:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ブログパーツ