2018年02月28日

母親電話も、警察出動せず=男性死亡、緊急性ないと認識−福井・大雪

コスプレ ポリス コスチューム ポリス コスプレセクシー 制服 ミニスカ 婦警 ポリス 帽子 手錠 グローブ 警官 警察 ハロウィン コスチューム 衣装 仮装 POLICE コスプレ ハロウィン コス
価格: 1,913円 レビュー評価:3.0 レビュー数:2
❤Costume of the dream❤ Look right now!! Sexy policewoman of the tight Mini One peace ★言う事聞かないと逮捕しちゃうぞ★ ★帽子-ワンピース-ベルト -手錠★ ▶Sexy policewoman of the tight Mini One peace▶ ★定番のポリスのワンピースデザイン★★小物もセットなので届いたその日から遊べちゃいます★ ▶Sexy policewoman of the tight Mini One peace▶ ★
Supported by 楽天ウェブサービス

1 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2018/02/27(火)19:00:59 ID:UYK
>福井県の国道で、大雪により富山県の男性会社員(19)が雪に埋もれた自動車内で死亡しているのが見つかった事故で、男性の母親が県警本部に少なくとも3回電話で救助を要請していたことが27日、分かった。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018022700889&g=soc
続きを読む
posted by newspro at 13:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月27日

【社会】中3女子、マンションから転落か 病院で死亡確認 神戸[2018/02/26]

自殺の9割は他殺である [ 上野正彦 ]
価格: 1,512円 レビュー評価:3.0 レビュー数:1
上野正彦 カンゼン死体 上野正彦 自殺 他殺 日本 いじめ 監察医 検死 孤独死 老人 学校 大津市 学校教育 ジサツ ノ キュウワリ ワ タサツ デ アル ウエノ,マサヒコ 発行年月:2012年12月 予約締切日:2012年12月06日 ページ数:207p サイズ:単行本 ISBN:9784862551597 上野正彦(ウエノマサヒコ) 1929年、茨城県生まれ。元東京都監察医務院長・医学博士。東邦医科大学卒業後、日本大学医学部法医学教室に入る。59年、東京都監察医務院の監察医となり、84年から同院長となる。89年の退官後に執筆した初の著書『死体は語る』(時事通信社)が、65万部を超える大ベ
Supported by 楽天ウェブサービス

1 名前:それなり◆SqzYrw7bo13o[sage] 投稿日:2018/02/26(月)12:33:10 ID:P5u
26日午前5時20分ごろ、神戸市西区の15階建てマンションの敷地で、
このマンションに住む中学3年の女子生徒(15)が倒れているのを管理人の男性(68)が見つけ、兵庫県警神戸西署に連絡した。
女子生徒は搬送先の病院で死亡が確認された。署は転落した可能性があるとみて調べている。

全文はソースまで
朝日新聞
https://www.asahi.com/sp/articles/ASL2V3RN8L2VPIHB00J.html
続きを読む
posted by newspro at 13:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月26日

【社会】奈良県の“元暴力団市議”問題に地元記者は及び腰「報じたら自分や家族が危ない……」[2018/02/25]

暴力団 (新潮新書) [ 溝口敦 ]
価格: 756円 レビュー評価:4.08 レビュー数:24
新潮新書 溝口敦 新潮社ボウリョクダン ミゾグチ,アツシ 発行年月:2011年09月 予約締切日:2011年09月14日 ページ数:202p サイズ:新書 ISBN:9784106104343 溝口敦(ミゾグチアツシ) 1942(昭和17)年、東京生まれ。早稲田大学政経学部卒。ノンフィクション作家。ジャーナリスト。『食肉の帝王』で、2003年に第二十五回講談社ノンフィクション賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 第1章 暴力団とは何か/第2章 どのように稼いでいるか?/第3章 人間関係はどうなっているか?/第4章 海外のマフィアとどちらが怖いか?/第5章 警察
Supported by 楽天ウェブサービス

1 名前:それなり◆SqzYrw7bo13o[sage] 投稿日:2018/02/25(日)21:37:40 ID:3SX
日本維新の会公認の奈良県香芝市議・鈴木篤志議員が、山健組の元暴力団組員だと報じられたが、
地元紙の記者は「この話を追うと地元ヤクザを敵に回すってウワサがあって、怖くて後追いできない」と言っている。

実際、ヤクザ議員のニュースを後追いする記者は、異様に少なかった。
維新の会の本拠地・大阪では2月16日、松井一郎府知事の定例会見があったが、
本件について質問した記者はひとりだけで、これに松井知事が
「僕は会ったこともない」「その人の過去の問題について聞かれても、答えを出せるような状況ではない」と、
まるで他人事の回答だったのに、記者らは結託して「本件はノータッチ」と決めたかのように追及しなかった。

 問題の鈴木市議は、暴力団関係者が「組員だった」と証言し、当時の写真まで掲載されている。
2013年に破門となっているが、市の暴力団排除条例では、脱退後5年間は暴力団員扱いされると定められており、これは全国でもおおよそ一般的な目安だ。
問題は鈴木議員がこれを隠して17年の選挙で当選していることで、「週刊新潮」(新潮社)の記事では、当人は市議会から聴取を受けても暴力団の経歴を否定したという。
こうなると「隠していた」のみならず「ウソをついていた」ことになる。「過去の経歴なんか知らない」で済まされる話ではないだろう。

全文はソースまで
日刊サイゾー
http://www.cyzo.com/2018/02/post_152492_entry.html
続きを読む
posted by newspro at 13:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ブログパーツ